スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【敏感】・・・レーダー照射

尖閣諸島沖で海上自衛隊艦船が中国海軍の艦船から攻撃用のレーダー照射を受けて国会で議論された。日本人が敏感になる潜在的なことがあるのではないかと怪しんでいる。

 


 

昨日は仙台から盛岡まで高速道路を通って戻って来たのだが、道中面白いことに遭遇した。岩手県に入ってから路肩に除雪の雪が少し残っているが、日中暖かかったのだろう、路面は乾燥していた。北上金ヶ崎ICからチンピラ親父の車の前へ、一台の車が入ってきた。あたりは薄暗くなっていてテールランプが見えるだけ。何となく車の屋根に変なものがのっている。それで凝視したら県警のパトカーと判明。赤色回転灯は点灯していない。

 

夕方の時間帯は家路に急ぐ人が多いかして、結構スピードを出す人が多い。雪道ともなれば慎重になるのだが、路面が乾燥していたので、追い越し車線をかなりのスピードで走っている車が多い。右側バックミラーから急接近の車両を確認、チンピラ親父を追い越したと同時に急減速。パトカーに気づいたようだ。次の車も同じように減速。パトカーが90キロで走っているから100キロで追い越せばいいだけ。

 

何しろ最近の交通取り締まりのレーダーは高性能になっていて、車載用レーダーは対象車両の後ろへの照射だけではなく、横からレーダー波を出して瞬時に速度計測を行うことができるらしい。こんなことを知ってかパトカーの横は法定速度で通過する自動車が多かった。どの車も警戒を怠らなかったようだ。

 

日本人が「レーダー照射」に敏感なのは普段の生活の中にあるに違いない。

 

自衛隊艦船が回避行動をしたのも頷ける。

 


 

スポンサーサイト

【衛星】・・・情報収集衛星をもっと落ち上げよ

H2Aロケット打ち上げ成功 情報収集衛星4基体制実現へ

政府の情報収集衛星・レーダー4号機などを搭載したH2Aロケット22号機が27日午後1時40分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。正常に機能すれば、情報収集衛星は政府が目指してきた光学衛星、レーダー衛星各2基の4基体制による本格運用が初めて実現する。<引用 産経 

 


 

中国上空へ情報収集衛星を打ち上げるべきだ。中国各地のミサイルサイトを始め移動式ミサイル基地などの位置を把握することが重要に違いない。

 

中国が本当に戦争を仕掛けてこようとするなら、中国を監視していれば分かる。その時、迎撃判断を下せば良い。H2Aロケット打ち上げには多額の費用がかかるが、紛争や戦争が起こっても最小限の被害で食い止めることができる。そのためには正確な情報が必要である。

 

情報収集衛星をもっと落ち上げよ。

 


 

【警告】・・・米国務長官、尖閣諸島問題について中国に警告

米国務長官、尖閣諸島問題について中国に警告

 

米国務長官、尖閣諸島問題について中国に警告

 

アメリカのクリントン国務長官が、尖閣諸島問題について中国に警告を発しました。


 

フランス通信の報道によりますと、クリントン長官は18日日曜、中国政府に対し、尖閣諸島の管理を問題化させないよう要請したということです。

クリントン長官はまた、日本の岸田外務大臣との会談後、合同記者会見を行い、「アメリカは、日本の安倍政権に損害を与えるような一方的な措置に反対する」と強調しました。

さらに、尖閣諸島問題を平和的に解決するよう求めています。

なお、安倍総理大臣は来月、アメリカを訪問することになっています。

昨年から、尖閣諸島の領有権をめぐる日本と中国の対立が激化しています。

豊富なエネルギー資源が埋蔵されている尖閣諸島は、現在日本が実効支配していますが、この島については中国と台湾も領有権を主張しています。

さらに、別の報道によりますと、中国外務省の洪磊(こう・らい)報道官は、尖閣諸島をめぐり日本と衝突する可能性は低いとし、日本の自制的な行動と、協議によるこの問題の解決を求めました。<引用 iran Japanese Radio


 

イランの記者はクリントン国務長官の中国に対する発言を「警告」ととらえている。

 

また、後段では中国の報道官の発言を引用「 尖閣諸島をめぐり日本と衝突する可能性は低いとし、日本の自制的な行動と、協議によるこの問題の解決を求めました」と中国側が一歩引き下がるようなニュアンスを伝えている。

 

ニュースが日本語だとクリントン国務長官の雰囲気が伝わらないが、かなり迫力があったに違いない。

 

米国が「警告」を出したのは米国の利益を守るということに他ならない。そのことを考えながら安倍内閣は行動をしなければならないのだ。

 


 

【海外】・・・「日本は尖閣諸島付近の海洋巡視船航行に抗議せず」

中国、「日本は尖閣諸島付近の海洋巡視船航行に抗議せず」 


中国が、尖閣諸島近海における同国の海洋巡視船の航行に、日本が抗議したことを否定しました。

中国新華社通信の報道によりますと、中国外務省の洪磊(こう・らい)報道官は8日火曜、記者会見し、「尖閣諸島は、中国の領土の一部である」と語っています。

また、中国の海洋巡視船が任務遂行中であったことを明らかにしました。

なお、これに先立ち、日本外務省は同日、日本駐在の程永華(てい・えいか)中国大使を呼び出し、尖閣諸島周辺の日本領海に中国の巡視船が侵入したことについて抗議しています。

日本と中国は、尖閣諸島の領有権をめぐって対立しています。

日本が尖閣諸島を国有化したことは、中国の怒りを煽る結果となりました。

こうした中、共同通信の報道によりますと、日本政府は9日水曜、安倍総理大臣が来週、インドネシア、タイ、そしてベトナムの3カ国を訪問する予定であることを明らかにしています。

これ以前には、安倍総理大臣の就任後初のアメリカ訪問が予定されていました。

日本と中国の緊張が高まったと同時に、安倍総理大臣は東南アジア3カ国への訪問により、この地域との関係強化を促そうとしています。<引用 iran Japanise Radio


 

問題は「中国が、尖閣諸島近海における同国の海洋巡視船の航行に、日本が抗議したことを否定しました。」ということだろう。こう言ったことを中国が平然と海外に対して発信している事を日本は重要視すべきである。

 

外務省がしっかり対抗し対応しなければならないことに違いない。

 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。