スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西側の軍国主義は、パリでのテロ事件の根源

アメリカ人ジャーナリストのマーク・グレン氏が、「最近、フランス・パリで発生したテロ事件の根源は、中東における西側諸国の軍国主義にある」と語りました。d6c1fc469d3bab84d3d960878874ee00_L.jpg




プレスTVによりますと、グレン氏は10日土曜、「西側諸国におけるテロ行為は、どのような状況による結果なのかを問う必要がある」と述べています。
また、「アメリカと西側諸国は常に、テロ組織の主要な支援者であり続けてきた」としました。
グレン氏によりますと、西側諸国のメディアは、パリでのテロ事件をイスラムへの攻撃の強化に利用しているということです。
グレン氏はまた、「シオニストに近いメディアも、こうした方針を追求している」と語りました。
さらに、「メディアによるこうしたプロパガンダは、西側諸国にとって必要である。なぜなら、彼らはこれによって、中東で自国が展開する戦争を正当化し、西側諸国の人々にこうした戦争が必要だと吹き込むことができるからである」と述べています。<引用 iran Japanese Radio 2015/01/10(土曜) 23:23

<落書き>
マーク・グレン氏の考え方はまともに読めますね。
実際、米国は当初「ISIS=テロ」で空爆を開始したのに、「イスラム教=テロ」にすり替えようとプロパガンダを始めたのではと怪しんでいます。
下記URLもご参考ください。 iran Japanese Radio の記事の次にロイターを引用しています。

http://japanshielder.blog.so-net.ne.jp/2015-01-12

ドイツからもメルケルさんが参加、イスラエルまでも参加して抗議デモをフランスでするというのですから、どうも裏に何かあると勘ぐります。
スポンサーサイト

【謝罪】・・・オランダの戦後処理

オランダが植民地時代の住民殺害についてインドネシアに謝罪

 

オランダ政府が、占領時代にインドネシアでオランダ軍が起こした住民の殺害事件について、正式に謝罪しました。

 

 

フランス通信によりますと、インドネシア駐在のズワーン・オランダ大使は12日木曜、演説の中でオランダ軍による1940年代のオランダ軍による人々の殺害について、オランダ政府の正式な謝罪の意を表明しています。

ズワーン大使はまた、「インドネシアで1945年から1949年までの期間に、オランダ軍による暴力的な措置の被害を受けた人々に、オランダ政府代表としての謝意を受け入れてもらえるよう希望している」と語りました。

オランダ政府は先月にも、「1940年代のオランダ軍による住民殺害で寡婦となった人1人当たり、2万ユーロの賠償金を支払う」と表明しています。

処刑されたこれらの人々は、インドネシア独立のためオランダ軍と戦ったグループに属していました。

インドネシアの一部の情報筋は、殺害された人々の数を4万人以上と発表しています。<引用 iran Japanese Radio


 

韓国の大統領がベトナムに行って謝罪しなかったことを知っていて、当て付けのような記事。

 

素直に読んでも分からない。

今オランダがインドネシアに詫びを入れる理由はなんだろうか。

 

オランダは世界最大のイスラム人口国のインドネシアとの過去の精算をして、シリアへの米国軍事介入でイランほかイスラム教国の参戦が見込まれる戦争に巻き込まれないように保険を掛けたのだろうか。

 

インドネシアにもイスラム教の過激派はいるので、「オランダはイスラムとお友達」宣言をしたのではないかと怪しんでいる。

 

 

 

【英国】・・・イスラムが拡大

2013/09/11(水曜) 20:16

 

英で、若者の間にイスラムが急速に拡大

 

複数の世論調査から、イギリスの若者の間にイスラムが急速に広まっていることが明らかになりました。

 

 

イランのコーラン専門の通信社・イクナー通信の報道によりますと、イギリスで行われた最近の世論調査の結果、イスラムに入信する若者の数が、キリスト教を棄教する若者の数に等しいということです。

イギリス国立政教分離連盟のテリー・サンダーソン会長は、「自らをイスラム教徒と名乗る若者たちは、過去に比べて激増しており、このことはイスラムが近いうちに、イギリスで非常に重要な力になるであろうことを示している」と語りました。

サンダーソン会長はまた、「このことはさらに、イギリスでキリスト教が急速に衰退することを示すものである」と述べています。

2012年にイギリスで行われた世論調査からも、イギリスの総人口の3%だったイスラム教徒の数が4.8%に増加しており、イスラムが同国で最も急速な成長を見せている宗教であることが明らかになっています。

なお、2001年にイギリスで行われた国勢調査では、同国のイスラム教徒の数は250万人とされています。<引用 iran Japanese Radio


 

英国人がイスラム教に転宗するとは、頭の構造が180度変化すると言うことだ。

 

アラビア語やペルシャ語の中東の文字は右から左へ読む。英国人の文字は左から右に読む。

 

イスラムを理解するには非常にフレキシブルな発想が要求されるに違いない。

 

まあ、手始めに英語を右から左に書く訓練が必要だろう。

【裏読】・・・新華社の記事をイランが流すのは?

露大統領、元CIA職員・スノーデン氏の身柄引き渡しを拒否

 

ロシアのプーチン大統領が、アメリカの元CIA職員であるスノーデン氏をアメリカに引渡すことはないとしました。

 

 

中国・新華社通信の報道によりますと、プーチン大統領は4日水曜、ロシア・サンクトペテルブルグでのG20・20カ国地域首脳会合の開催を前に、「アメリカとロシアの間で、犯罪人の引渡し協定が締結されていないことから、ロシアはスノーデン氏をアメリカに引き渡すことはない」と」語ったということです。

また、「ロシアは、スノーデン氏からは一切機密情報を受け取っておらず、またそのような情報を受け取る意向もない」と述べました。

スノーデン氏は、およそ2ヶ月前にイギリスの新聞ガーディアンとのインタビューで、NSA・アメリカ国家安全保障局が、アメリカを初めとした各国の多数の人々の電話での通話を傍受する計画を有していることを明らかにしています。<引用 iran Japanese Radio


 

「新華社通信の報道」というところを頭に置いて読むと、ロシアと米国がシリア問題で交渉する際に、スノーデン氏の話が出ないように布石したのかもしれない。

 

また、別の見方からすれば、ロシアはすでにスノーデン氏から機密情報である「NSA・アメリカ国家安全保障局が、アメリカを初めとした各国の多数の人々の電話での通話を傍受する計画(実際には傍受した内容)を入手している」とメッセージを発しているようにも読める。米国にとってはかなりのプレッシャーにはなる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。