スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こませ経済の潜流

仙台市の繁華街東一番町は南北に走る道路で両脇に商店街が軒を連ねる。昔は自動車の往来があったところだ。今では自動車の通行は東西を結ぶ道路だけになっていて南北の道路は歩行者専用になった。

先日東一番町を歩いていて大きな違和感を覚えた。

喫茶店が減り、ラーメン屋もなくなり、古びた食堂もなくなっていた。映画館が消えてから大分経つ。各種雑貨の専門店も姿を消した。南のはずれの古本屋街もすでになくなっている。目につくのは、ドラッグストア、カラオケ店と同業者が軒を連ねる。一歩脇道に入れば、ワンショットの洋風の立ち飲み屋が目立つ。これは大町や新伝馬町のアーケード街も同じだ。いったい仙台の街はどうなったのだろうか。電気屋、文房具屋、紙専門店、カバン店、カメラ専門店、楽器店、全部どこかに消えてしまった。

専門性や個性がなくなり、みんな同じ方向を向いて商売をしている。これでは儲かるまい。夕方にもなれば、カラオケ店の兄妹の呼び込みで東一番町と広瀬通りの交差点は混雑する。呼び込みなど40年前のピンクキャバレーの時代で終わったと思っていたが、新種が登場したようだ。

昔、東一番町へ行けば趣味の世界が広がり、人々の心を満足させる様々な空間がたくさんあった。人々の熱気が街の活力を押し上げていた。だからこそ七夕祭りも面白かった。先月の七夕祭りは活力のない腑抜けた祭りであった。祭りをやれば街が活気ずくと思うのは商工会の考えなのだろうか。街に活気があってこそ祭りが成立するのではないのか。もう一度昔のような活気のある街にするには街の軒先から大手のドラッグストアやチェーン店など同じ商品を陳列する店の数を制限することから始めるのも一つの手法かもしれない。

商売とは客が「飽きない」ようにするものではないのか。だから「商い」なのだ。店側は儲かれば「飽きない」だろうが、「こませ」のようなばら撒きで薄利多売ばかりしていれば、いずれ客は飽きて離れる。客を店にとどめるには店の個性、店員の個性が必要なのだ。マニュアル対応をしている店が増えれば人は離れる。仙台の商店街はもっと荒ぶに違いない。イワシも見向きもしない「こませ」で鯛を釣ろうとするところに愚かしさを感じる。アベノミクスが経済を押し上げないのではない。魚を知らずして大漁を決めている者の浅はかさが仙台経済、東北経済、日本経済の潜流であることを知るべきだ。
スポンサーサイト

日本がイランからの原油の輸入を35%増加

日本がイランからの原油の輸入を35%増加させました。

fe6b86ec5448005321764ca846a0dec7_XL.jpg


イルナー通信が伝えたところによりますと、日本経済産業省は、今年9月、昨年の同時期と比べ、イラン産原油の輸入量が35%増加したと発表しました。

東京の公式筋の最新の情報では、イランからの原油の輸入量は、日量25万2216バレルに達しているということです。

日本、中国、韓国は、イラン産原油の主要な輸入国となっています。これらの国は、イランの核活動をめぐり西側が行使している制裁を受け、イラン産原油の輸入量の削減に関して激しい圧力を受けています。

イランはOPEC石油輸出国機構の重要な加盟国です。<引用 iran Japanese Radio


<コメント>
もうすぐやってくる冬、石油ストーブで部屋を暖められそうです。
原発停止で火力発電にシフトしている日本は石油が必要だと云うことです。
CO2の排出量が増えてもエネルギー確保は必要で、背に腹は変えられない。

反原発・脱原発論者は冬の暖房をどんな風に考えて行動するのか見ておきたいものです。

【取引】・・・電話一本で商売

2年半前にN社からA社の光回線に変えたのだが、途中で入った業者の説明不足もあり、種々のトラブルに見舞われた。そして、本年4月に再びN社に戻らないかとお誘いの電話があり変更した。

 

回線速度も若干速くなったと安心していたら、日中仕事中に各サービス担当の下請け業者から電話がかかってくる。「先日も同じような内容で電話をよこしたが、あなたの会社の用件は何か」と怒りながら相手の話を聞いた。当初電話があったとき回答しているのだから、そのとおりにすればよいのにくどすぎる。そんなのが後追いで3社もあった。

 

もちろん只では済まさない。キャンペーンでいろいろ付録もあったが、ひとつずつ再確認しながら、契約内容を見直し、断れるものはお断りした。それは余計な電話へのペナルティだ。

 

電話一本で商売をする風潮が定着しているが、「間合い」をわきまえない失礼な会社が多くなっている。情報化によってデータがザルに入れた水のごとく漏れているのを実感すると共に、失礼な輩についてはこちらでもそれなりの対抗措置をしている。

 

日本の経済が萎縮しているのは、電話一本で商売ができると思っている常識に違いない。そんな風潮が日本をだめにしていると思っている。質問したいときにはこちらから電話をするのだから、さっさと電話に出ればよいのだ。顧客サービスとはそういうものだと思っている。

 

携帯電話が普及して電話による押し売りが多くなっている。

【日本】・・・新麺開発で世界の食料危機を救う?

長引く不況もアベノミクスとやらで景気が徐々に上向いているようだ。

 

しかし、既存の経済の既成概念の中で動いていては経済に革命的発展を起こすことはできない。

 

そこで、チンピラ親父は常識を打破する提案をする。

 


日本人の食文化とそれを取り巻く食経済は多様化しているものの日本人の味覚にあった食べ物を対象とした市場が形成されているに過ぎない。

 

一例として日本人も消費しつつ世界市場を視野に入れた代表的な商品は、カップラーメンである。しかし、それは日本人が食べているカップラーメンの味に濃淡をつけ販売しているだけにすぎない。これでは麺業界はいずれ飽きられてしまうに違いない。販売実績が伸び悩んで当然である。まして、韓国など近隣諸国では粗悪な類似品の製造販売で利益をむさぼっている。悔しい。

 

そこで、ラーメンの麺に着目する。ラーメンの麺は細麺や太麺といった種類しかない。どの麺も同じ味がする。それでは発展できない。市場が大きく拡大しないのはそのせいに違いない。

 

そこで思いつくのがバナナの粉を混ぜ合わせて麺を作ることである。バナナを主食とする国ならバナナ麺があれば受け入れられるに違いない。

 

スープバナナや他のフルーツで香りをつけるという手法は既に試されていると聞く。しかし、麺そのものにバナナを練りこむことはいまだなされていないと思われる。

 

仮に、バナナをベースにした麺ができれば、それは食文化の革命になるに違いない。

 


 

経済はお金の出し入れに目が向くが、お金は結果でしかない。それ以前の開発が疎かになっている。帝国主義であろうが資本主義であろうがお金を中心とした経済である。そして、お金を中心とした侵略や浸透が争いを生む。

 

食事を中心とした食文化の提案というものはお金よりも平和的に浸透するに違いない。その発展の中でお金が入ってくるなら、貿易摩擦は発生しないのではないかと怪しむのだ。お金を稼ぐ経済ではなく、食文化を浸透させる経済が求められるに違いない。

 


 

昔、チンピラ親父の家にいた犬にラーメンを作ってやったら好物ではなかったようだが麺をすすって食べていた。犬も拒否しないで食べる麺は練りこむものによって更に食欲をそそるに違いない。まだ、手付かずの分野は麺本体の改良である。

 

この部分で世界特許を取ってしまえば、韓国、中国の追随を許さないはずだ。

 

インスタントラーメンの老舗は日本である。バナナ麺を開発してもらいたいものだ。

 


 

そして、今後人口の爆発的な増加が食糧難を招くのは想像に難くない。保存食料としての麺加工製品の研究が推進されることは世界の食料危機を救うことに繋がるに違いない。

  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。