FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中東】・・・日本政府は米国を説得せよ

日本政府は米国のシリアへの軍事介入について支持の方向で調整に入ったと報道がされている。

 

「化学兵器使用」が、シリア政府側か反政府側かも明らかでない状況の中、米国の論理のまま軍事介入支持に回ってよいのだろうか。

 

シリアの軍事拠点には政治囚や捕虜が収容されている可能性があるという。在英の反体制派組織「シリア人権ネットワーク」によるとその数は21万5千人。

 

米国がトマホーク等で軍事施設を攻撃するとしているが、軍事施設のなかに政治囚や捕虜がいるのであれば、シリア国民の抹殺を意味するのではないのか。

 

「化学兵器の使用は断じてあってはならない」のは当然なのだが、国連決議のないまま、米国の軍事介入を拙速に支持するのは大きな誤りである。

 

軍隊のない日本は米国の勇み足を留めさせる説得も必要なのではないか。

 


 

他国では議会に諮って民意を確認している様だが日本はしないのはなぜか。

 

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。