スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【裏読】・・・新華社の記事をイランが流すのは?

露大統領、元CIA職員・スノーデン氏の身柄引き渡しを拒否

 

ロシアのプーチン大統領が、アメリカの元CIA職員であるスノーデン氏をアメリカに引渡すことはないとしました。

 

 

中国・新華社通信の報道によりますと、プーチン大統領は4日水曜、ロシア・サンクトペテルブルグでのG20・20カ国地域首脳会合の開催を前に、「アメリカとロシアの間で、犯罪人の引渡し協定が締結されていないことから、ロシアはスノーデン氏をアメリカに引き渡すことはない」と」語ったということです。

また、「ロシアは、スノーデン氏からは一切機密情報を受け取っておらず、またそのような情報を受け取る意向もない」と述べました。

スノーデン氏は、およそ2ヶ月前にイギリスの新聞ガーディアンとのインタビューで、NSA・アメリカ国家安全保障局が、アメリカを初めとした各国の多数の人々の電話での通話を傍受する計画を有していることを明らかにしています。<引用 iran Japanese Radio


 

「新華社通信の報道」というところを頭に置いて読むと、ロシアと米国がシリア問題で交渉する際に、スノーデン氏の話が出ないように布石したのかもしれない。

 

また、別の見方からすれば、ロシアはすでにスノーデン氏から機密情報である「NSA・アメリカ国家安全保障局が、アメリカを初めとした各国の多数の人々の電話での通話を傍受する計画(実際には傍受した内容)を入手している」とメッセージを発しているようにも読める。米国にとってはかなりのプレッシャーにはなる。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。