スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中東】・・・大きな疑問

シリア大統領が再度、化学兵器の使用を否定

 

シリアのアサド大統領が、シリア政府が化学兵器を使用していないことを改めて強調しました。

 

 

アサド大統領は、アメリカのPBSのインタビューで、シリアで化学兵器を使用したのは、シリア反体制派のテログループであるとし、「西側の支援を受けているテログループは、化学兵器によって、シリアの罪のない人々を攻撃している」と述べました。

こうした中、アメリカは、この問題を利用し、シリア政府に対してテログループの利益となるような状況を作り、シリアへの軍事介入の下地を整えようとしています。

また、アサド大統領は、8日日曜朝、ニュースチャンネル・CBSとのインタビューでも、化学兵器の使用に関する疑惑を否定すると共に、「シリアへの攻撃の目的は、力の均衡をテログループの有利となるよう変えることである」と語りました。<引用 iran Japanese Radio


 

最近の報道ではどちらか一方が化学兵器を使ったとして報道されているが、シリアの反体制側も政府側も両者共に使っていたとするならば、どうなるのだろう。

 

米軍はシリアへ軍事介入するのだろうか。

 

政府側も反体制側も攻撃の対象とするのだろうか。

 

大きな疑問だ。

 

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。