FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星条旗流星群

NSA・アメリカ国家安全保障局が、同盟国日本に対する諜報活動を行っていました。

95a5cefe49098a21309db6b087c6c6f3_XL.jpg


ニューヨークタイムズによりますと、NSAの元職員、スノーデン氏のアメリカの同盟国と敵国に対する諜報活動の暴露により、NSAが日本の技術力に対してスパイ活動を行っていたことが明らかになっているということです。

この報告によりますと、アメリカがNSAの計画に基づいて、2007年にスパイ活動を行っていた国のリストの中に、日本も載っていたということです。

ニューヨークタイムズはまた、NSAが重要な戦略上の技術を生み出す日本の能力に関して、日本政府へのスパイ活動を行っていたと報じています。

また、NSAは日本の外交政策の立案の中で利益を得ており、アメリカが世界第3位の経済大国である日本に対して経済的な優位な立場を保つことを確認しようとしていました。

アメリカ政府は日本に対するスパイ活動に関して、これまでに日本と話し合いを行なっていませんが、アメリカによるスパイ活動は、ブラジルやドイツといった国々の怒りを引き起こしています。

NHKはフリージャーナリストがワシントンから伝えた話として、「NSAは組織的に通信ネットワークを利用し、電話の盗聴やそのほかの複雑な技術により、同盟国に対してスパイ活動を行なっていた」と報じています。

また、そのほかの報道でも、地域の領事館やアメリカ基地は、通信ネットワーク上でスパイ活動を行う為の、秘密の特別な設備を有していると伝えられています。<引用 iran Japanese Radio
<コメント>
情報が筒抜けではTPPの交渉はできない。米国抜きのTPPが必要かもしれぬ。
一度失った信用は容易に取り戻せるものではない。
隆盛だった米国の星条旗から星が流れ落ちる日も近いに違いない。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

zcsswvwtg@gmail.com

ミズノ シューズ オーダー

wozozr@gmail.com

gジャン リーバイス

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。