スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空機不明を考える。

ここ数週間マレーシア航空の記事を興味深く読んでいた。

なぜ、マレーシア航空は忽然と消えたのか。

航空機の乗員が「おやすみ」と最後の連絡をしたところが怪しい。

そして乗員は自ら各センサーをOFFにし飛行ルートを外れた。

何のためにルートを外れたのだろうか。

飛行機はインド洋に墜落したとの発表があったが、まだ飛行機の残骸は発見されていない。生存者や死者も確認されていない。

正に雲隠れ。

インド洋に大きな漂流物があると最初に報じたのは中国で怪しい。

乗客の大半が中国人だったから、中国人の関心はマレーシア航空機不明に向く。

案の定、中国ではマレーシア大使館前に家族が集まりデモをしたという。

中国では不動産バブルがはじけ始めた。

中国政府への関心を和らげるためには絶好のタイミングで怪しい。






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。