スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月夜の晩だけではない。気を付けて帰られよ。

IZAのブログでは記事引用や写真の転載などで飾っていた。文章を補う意味では写真が効果がある。IZAブログが閉鎖になる間際、ブログの写真や映像にトラブルが出始めていた。おそらく著作権の関係ではないかと考えていた。事実、最近引っ越し先のブログのFC2もそうだが、livedoor,so-netのブログの写真抜けが続々と出てきた。修復用の写真は保管してあるが、自分で撮影した写真以外のコピペ写真の掲載は違法となる。なので最近は、文章のみの登録で終わっている。だからつまらないのだ。(もともと文才などない)

最近は<コメント>という言葉をやめて<落書き>と改めている。

ブログは単なる個人的な意見を書いている。意見に同調されるコメントは励みになってありがたい。反対のコメントはまだいただいたことはないと記憶する。まあ、反対のコメントをいただいても礼節があればそれはそれなりに対応するつもりだ。

ところで最近、酒癖の悪い30代後半の人間と二度ほど飲むことになった。実に無礼な人間で、言葉遣いに品はなく礼節に欠け、本当に日本人かと疑うような輩である。アルコールが入ると自己中心に話をはじめカラオケでないのに唄いはじめ、スマホをいじっては先輩後輩に電話を掛けまくる。元来が体育会系らしく筋骨隆々、冗談なのだろうが、周りの人間を叩き始める。生まれた世が昔なら、豪傑とでも評されただろうが、今の世では単なる酔っ払いの鼻つまみ者でしかない。
説教しても本人は酩酊していて馬耳東風。そのうち裏の路地でお仕置きをしなければならない日が来るかもしれない。

中国、韓国という国家が礼儀知らずでお仕置きが必要なのは改めて云う必要もないが、時代を生まれ誤った無礼な日本人のお仕置きが先かというのは非常に由々しき問題である。この酔っ払い豪傑は黒田節の逸話「大杯を飲み干せば褒美をとらす」という大言壮語から「日本号という槍」を手放す羽目に陥った福島正則の生まれ変わりではないかと怪しんでいる。

しかし、有名な槍も持たない単なる酔っ払いならば「月夜の晩だけではない。気を付けて帰られよ」と助言をするしかなかろう。

中国人、韓国人であっても礼節を重んじる人間は信用に値する。逆に日本人といえども礼節を軽んじる者は信用がおけぬ。それが真理に違いない。日本国内では民主主義という言葉が跋扈して正義という刀を振り回しているが、どうも胡散臭い。

生きて行くうえで大事なことは、礼節の中から真の信用を見出すことだけなのかもしれない。後は斬って捨てる。

どうも世界各国の国家感や各宗教の思想潜流に似ているように思えるのだが。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。