スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、テロ組織ISISへのアメリカ軍事作戦に同調しない意向

日本の菅官房長官が、日本は、イラクのテロ組織ISIS「イラクとシャームのイスラム国」への対策において、アメリカやその他の国に軍事支援を行うことはできないとしました。


e49ca8a31fca17321837ec1f2268f0cf_L.jpg


共同通信によりますと、菅官房長官は、16日火曜、記者会見で、日本の平和憲法に照らし、この問題に関しては、人道支援を提供するに留める考えを示しました。

また、日本はこれまで、テロを非難し、テロとの戦いに関して、イラクやその他の国を支持してきたと語りました。

この報告によりますと、国際紛争を解決するための武力の行使を禁じた日本国憲法により、日本の自衛隊の活動は制限されています。

最近、安倍総理大臣は、平和維持活動において自衛隊が積極的な役割を果たすことができるよう、憲法解釈の変更といった努力を続けていますが、これまでのところ、自衛隊は海外の紛争には参加することができません。

こうした中、7月、集団的自衛権の行使容認が閣議決定されました。<引用 iran Japanese Radio


<落書き>

この記事は「イスラム国」に対する日本の対応の意思表明であり重要だ。

憲法第9条で軍事的支援はできず、人道支援を提供するとした。

当たり前のこととして日本では報道されていない。

これまでのところ、日本では西欧諸国が「イスラム国」に対して攻撃準備をしていることが報道されていて、その論調は「イスラム国」が悪で西欧諸国が悪を倒す正義の味方になっているというものだ。この偏向した報道が危険なのだ。日本人は洗脳されてはいけない。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。