スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下げたり上げたり

題名を「下げたり上げたり」とした。普通は「上げたり下げたり」なのだろう。しかし、最近の報道は安倍自民党を下げたり上げたりしているからそう書いた。

解散の翌朝の新聞の第一面はアベノミクス失敗と書いていた。今朝の各紙社説ではエネルギーの代替案もなしに原発ゼロはいかがなものかといった論調が多かった。

こんなに下げ上げしては読者も迷うだろうと心配する。

もともと枝葉末節にこだわっていては物事は見えない。

原発は危ないだから原発はゼロでなければならないという。しかし、そのために、国内中小企業は製造コストが跳ね上がり、利潤を上げるのに四苦八苦している。これでは雇用拡大などできるわけがない。そして、社会福祉を充実せよという課題がのしかかる。社会保障の保険料jは給与の多寡に比例して収めるシステムになっているから、社会保障の財源は枯渇する。

消費税を上げて不足する財源を上げようとしたのはいつのことだったか。

そもそも、租税は「四公六民」という割合が昔からの相場である。この割合を超えれば一揆がおきたという。現在公租公課は所得の四割を軽く超えている。なぜそんなに税金が増えたのか。

それは人間の甘さではないのか。誰でも苦しみから逃れたい、楽をしたいとそんな気持ちがいつの間にか自らの首を絞めていたのではないのか。

甘い言葉に惑わされ一票を投じてきた結果でしかないということを忘れてはならない。

餓鬼と化した日本人。本当に情けない時代になった。

政治家に頼っても世の中は大きく変わらない。

「たかが一票、されど一票」

「エネルギーの代替案もなしに原発ゼロはいかがなものか」それを筋道通して説明できるものが政治家としての責務であるに違いない。

いずれ結果が出ることだろう。




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。