スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの贈り物

ロシアはウクライナ情勢に絡み経済制裁が行われている。ロシア国内経済はかなり混乱している。おそらく、米国がISISに対する攻撃を行うためにロシアを抑え込んだものであるに違いない。
韓国朴クネ大統領が中国に寄り添ったことは米国の予想外の行動であった。
韓国経済が崩壊し、北朝鮮が韓国に攻め入るのはISIS殲滅作戦が終わってからと予定していたと怪しむからだ。
中国のバブルがはじけ、中国が国内問題でてこずっているときに半島紛争が起こらなければならないのだ。
米国経済を立て直すには継続的な戦争が必要だ。米国の軍需産業が多くの外貨を獲得するからだ。
米国のFRBが紙切れドルをいくら印刷しても外貨を獲得できなければ、内需は低迷したままとなる。
グローバル経済におけるアベノミクス効果で日本が外貨を稼ぎ始めたが内需拡大にまで至っていない。しかし、それ以上に米国はFRBの印刷した紙切れドルがあまりにも多いため経済は崩壊寸前だ。だから、米国は戦争を始めなければならないのだ。

米国には善き米国人と悪しき米国人がいる。
裏で戦争を仕掛けているのは、もちろん悪しき米国人である。
日本が悪しき米国人の謀略から身を守るためには安保条約を破棄しなければならない。
憲法を改正し日本が軍隊を持つことで文民統制シビリアンコントロールを入手できるのである。
それは悪しき米国人の先棒を担がされないために必要なことである。
悪しき戦争から日本を守るためには憲法を改正する必要がある。

今日は第三次安倍内閣が発足し安倍総理が憲法改正を明言していた。
とても希望のあるクリスマスの贈り物をいただいた。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。